天台宗砂尾山橋場寺不動院 橋場不動尊
天平宝字四年(西暦760年)奈良時代の末期から「火伏せの橋場不動」と尊ばれてきた浅草寺にほど近い歴史あるお寺。
「天台宗砂尾山橋場寺不動院 橋場不動尊」の公式ウェブサイトは、歴史・由来・教義・住職放談など読み物としても楽しめます。
「行事案内」では、様々なイベントが楽しい工夫とともに開催されています。また「写真館」をご覧になると、お檀家さんや地元との結びつきを大切にしていることが良く分かります。

天台宗砂尾山橋場寺不動院 橋場不動尊

(掲載されている写真は全て撮りおろし。プロカメラマンの成島徳昭氏が撮影しました。)
正式名称は「天台宗砂尾山橋場寺不動院 橋場不動尊」「橋場寺不動院」。地元やお檀家さんからは単に「不動院」とも呼ばれています。
1250年もの間拝みこまれたご本尊の不動明王は、良弁僧正が相州大山寺で刻んだ一木三体不動のうちの一体で、開運厄除け不動の秘仏となっています。
七福神詣でで全国的にも人気のある「浅草名所七福神」の布袋尊を奉り、年初の初詣は特に賑わいます。
浅草名所七福神
関東三十六不動霊場の第二十三番札所で仏様を守護する佛守護童子(ぶっしゅごどうじ)。
隅田川が流れる白髭橋のすぐそば、浅草寺から徒歩圏内に位置し、東京スカイツリーが間近に見える閑静な場所に、小堂ながら簡素で美しい江戸時代の建築様式を保ち、樹齢700年の大銀杏と裏手にはお檀家専用の墓地が広がります。
下町浅草にひっそりと佇む橋場寺不動院は、都内でも第一級の古刹(こさつ)といえるでしょう。